遺産相続

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSURU17623009_TP_V.jpg

相続とは、ある人が死亡する事で開始されます。死亡には失踪や認定死亡も含まれます。相続は亡くなった人の配偶者や子供が受け取ります。この時、生前に遺産相続の分配をしておかないとトラブルの原因になります。遺産相続をスムーズに行うためにルールや手続きを学びましょう。

 

相続する財産

遺産相続できる財産は決まっています。被相続人(死亡した人)が所有していたほぼ全ての財産が相続財産になります。

  • 預貯金
  • 家や土地
  • 有価証券
  • 貴金属、骨董品
  • 自動車
  • ゴルフ会員権
  • 貸借権

このような経済的価値ある物が相続できる財産です。この他にも、著作権や特許権も入ります。上記の貸借権は、借家や借地をそのまま受け継ぐことになります。現状のまま引き継いで相続税の対象になります。

 

マイナスの相続財産もある

相続財産を考えるとプラスの事を考えますが、被相続人に借金がある場合は、これも相続することになります。負の遺産が多額の場合で、プラスの遺産より上回るようなら専門家に相談をして相続するのか判断すると良いでしょう。相続してもメリットが無い場合は、相続放棄する事もできます。

 

遺産相続をする時は、被相続人が支払っている借金やローンがいくら位あるのかを確認します。未払い金や税金も相続する事になるので注意しましょう。また、誰かの連帯保証人になっている場合も注意が必要です。連帯保証債務は相続人に引き継がれる形になる事を覚えておきましょう。

 

被相続人が購入した住宅でローンの残債がある場合は、契約時に加入した「団体信用生命保険」を利用して残高をカバーしましょう。

 

相続できない財産

財産の中には相続できないものもあります。相続できない財産は「一身専属権」と「祭祀財産」があります。

一身専属権

一身専属権とは、権利や義務が特定人に専属して他の者に移転しないことです。法律用語として使われており、普段あまり耳にすることは無いでしょう。遺産相続では扶養請求権、生活保護受給件、身元保証人としての地位や親権などの権利は相続することができません。これらの権利は被相続人の死亡と同時に消滅します。

 

また、被相続人が所有していた運転免許証、医師免許証などの資格も相続できません。

 

祭祀財産

祭祀財産とは仏壇、仏具、位牌、墓石、墓地などです。仏壇や仏具は相続人に引き継がれますが、相続財産になりません。また、最近は終活で生前に自分のお墓を建てる人が増えています。自分の死後、相続人に託す形でも相続税の対象外になります。

 

みなし相続財産とは?

f:id:akihotaru:20190221182852j:plain

みなし相続財産とは、被相続人が死亡した日に被相続人が財産として所有していないが、被相続人が死亡したことでもらえる財産の事です。「生命保険金」や「死亡退職金」がこれにあたります。民法では生命保険金や死亡退職金は相続財産になりませんから、受取人固有の財産として考えられます。

 

しかし、生命保険の場合は、被相続人が保険料を支払っていた場合に保険金が被相続人の財産になります。よって、みなし相続財産と考えられて相続税が課税されます。

 

贈与財産

f:id:akihotaru:20190221183722j:plain

終活で生前に無料で財産を譲る贈与があります。一定の非課税枠が設定されている為、節税対策として近年注目されています。しかし、生前に贈与していても被相続人が死亡する3年以内に贈与したものに関しては、財産の金額が非課税枠であっても課税対象になります。

 

また、相続人がお世話になっていた人や支援している団体に無償で財産を譲る場合も、相続税の課税対象になります。

 

終活で遺産相続をスムーズにする

f:id:akihotaru:20190221183857j:plain

遺産相続のルールはとても複雑です。財産の中でも相続です。相続できる物とできない物があります。終活で財産目録を作っておくと、相続する財産が一目でわかり、いざという時に役立つでしょう。多くの財産を引き継ぐ場合は、専門家の意見を聞きながら、相続税の計算をしたほうが安心です。